気になるウェブライターの年収は!?

みなさん、webライターというお仕事についてご存知ですか?ホームページやブログに使われる記事を書いたり、メールマガジンに使われる文章を書いたりするお仕事です。
ウェブライターのお仕事はパソコン1つで在宅ですることができ、副業として人気があるようです。

インターネットでウェブライターについて検索してみると…「在宅で月収30万円!!!!」「ウェブライターで食っていく!!!!」こんな記事を目にします。

さて、本当のところはどうなのでしょう?ウェブライターは稼げるの?今回は気になるウェブライターの年収について紹介します。

1文字いくら?

ウェブライターのお仕事は、発注者の求めに応じた内容の記事を書き、それに対して報酬を得るというものです。
1記事についての報酬は発注者や記事の専門性などで様々なのですが、記事1ページのために600~800文字を書いて、250円から400円というのが相場のようです。
文字数に換算すると、1文字0.4円~0.5円ほどでしょうか。

しかし、専門的な記事を書くことができたり、上質な文章を書くことができると文字単価は上がり、1文字あたり2円などの収入を得ることも可能になるようです。
収入については、こちらの記事も(http://matome.naver.jp/odai/2140697938659899501)参考にして下さい。


収入を決めるポイント

ウェブライターはパソコンで記事を書くため、当然ながら文字入力が早ければ早いほど収入は上がります。
慣れてくると1時間に3000文字以上を書くことができ、そうなると、文字単価が0.5円の場合でも時給1500円の収入になります。
そして、1日にどのくらいの時間を記事の執筆に費やすことができるかどうかも収入を左右します。

また、記事を書くためには情報を集める必要があるため、その情報収集をいかに早くこなしていくかも収入を高くするためのポイントです。
仮に、文字単価0.5円、1時間に2000文字、1日3時間の執筆を365日続けたとすると、報酬は109万5千円になります。

まとめ

このように、ウェブライターは自分が頑張れば頑張った分だけ報酬を得られるお仕事です。
年収300万円も夢ではありませんよ!